高柄山(たかつかやま)733m(中央線沿線)川瀬 

2006年2月3日(金) 節分 晴
 
メンバー:川瀬、飯島
 
9時17分吉祥寺発高尾行き、高尾にて小淵沢行き乗り換え10時45分四方津駅発ー11時20

分XX部落で休憩ー12時15分稜線に出たとこで昼食12時45分発ー13時高柄山13時25分発ー

14時50分御前山ー16時20分上野原駅
16時45分立川行き
乗車
 
駅を降りて立川方面へ少々歩く、大地峠・高柄山の看板がある。つり橋を渡ってから沢沿いに登る。沢沿いの車道だが沢には所々に結構立派な滝がかかり淵もある。下手な丹沢の沢なんかより全然良い。部落を過ぎてしばらく行くと山道となる。もろ登りになると飯島さんのピッチが落ちる。気持ちの良い植林帯をジグザクに登る。杉林なので日光はほとんど射さない。

稜線に出て少し歩いて風が当らなくて日当たりの良い場所を探して飯島さんを待つ。お昼も過ぎていたので高尾駅で買った菓子パンを食べる、これがなかなか美味しい。飯島さんも追いついてきて昼食を取る。テルモスのコーヒーがこれまた美味しい。

ここから頂上までほんの15分、途中なんだか右足首が痛くなる、理由は不明。高柄山頂上で記念写真、他には誰もいない、丹沢がもろ見える、焼山から雪の蛭、桧洞、大室。反対側の中央道沿いの町々が良く見える。痛んだ右足首にサポーターをして出発、その後幸い傷みは出ない。

上野原への下りは長い、途中にゴルフ場が出来た為登山道が大きく迂回した為だ。40分ほど歩くと東屋がある、ここで昔の道にはいけず迂回路を取る。これが山腹を巻いたり、沢筋に下りたり、登ったりで自分がどこにいるのか解からなくなる、結構時間がかかる。最後に御前山の急登、そして後は下り、道が余り踏まれてないので解かりにくいが歩きやすい。ひとしきりで林道に飛び出す。道なり、道路標識なりに行くと大きな橋を渡って上野原駅だ。帰りの電車の中で飲んだ梅酒が上手かった、因みに相棒は日本酒でした。

トップに戻る 追加一覧に戻る 検索一覧に戻る