奥多摩・鷹ノ巣山(川瀬記述)

2006年1月15日(日)
  奥多摩駅着7:46ー中日原発8:35−稲村岩発8:55−鷹ノ巣山着12:10、発12:50ー六つ石山発15:10−奥多摩駅17:15
 
奥多摩駅からワゴン型タクシーに5人で乗り込み中日原まで2900円、一人あたり600円。
スパッツをつけたりストレッチをしてから出発。しばらく登ってから沢に下り、そこからジグザグに登り稲村岩につき休憩。鴨下さんの磁石を使っての地図の見方教室。そこからは頂上までひたすら上り。

今日は異常に暖かく奥多摩で最低気温4度、最高気温10度の予報。厚手の長袖下着と厚手のオープンシャツのコンビでは厚すぎた、どちらかを薄手にすべきであった。
北斜面だったので頂上まで後一時間くらいのとこより登山道の残雪が溶けて凍り、滑りやすくかなり気を使った。でも新田さんのバランス感覚が良い。それにしても鵜沢さんは平気な顔をして登っている、やはり年末年始に北岳に行っただけの事はある。
やっと開けた頂上に出てのんびり休憩、昨日降った大雨で雪はほとんど無い、真っ白な富士山が綺麗に見える、たがわずか2-30分で富士山は雲の中に隠れてしまった。南アルプスも見え中々の絶景。頂上にテントを張った人がいたので聞いたら、昨日雨の中登ってきて写真が趣味とのこと、、ご苦労様。
山形さんが奥多摩駅まで石尾根を4時間以上かけて縦走すると決定、オヨヨ。
のんびり休憩後出発、頂上直下の下り斜面が最悪、異常暖波の為深さ10cmまで完全泥んこ状態、ツルツルで難しい。鴨下さんがつるっと滑ってしりもちをつく、お尻が泥んこまるけとなる。ひたすら長い時間をかけて石尾根を下る、途中六つ石山をピストン。ひたすら歩いて暗くなる頃奥多摩着(5:15)。高い温泉代(1000円)を払って湯船に浸かって一安心でした。
 
石尾根途中















六つ石山より鷹ノ巣山を見る。

















鷹ノ巣山頂上








 
以上


トップに戻る 追加一覧に戻る 検索一覧に戻る