高水三山(793m)黒山(840m)川瀬記述

200年12月25日(日)

御岳9:20−惣岳山10:50発−岩茸石山11:40着、12:10発ー黒山13:40着ー小沢峠15:00

ホリデー快速おくたま一号に乗り9時御岳着。総勢9名(男4名、女5名)。リーダーは西原さん。線路を渡った広場で各自自己紹介、初めて一緒の人が4名もいる。いきなりの急登、途中高圧線の下で休憩、汗が出てきたので長袖のアンダーシャツを脱ぐ。ここでコンパスの使い方の講習あり。登山用のやつだが初めて使用法を覚える、なかなか便利だ。

更に登って惣岳山着、林の中にお社がある、休憩。下りの右北斜面に雪が残っている、右から吹いてくる風が急に冷たくなり体が冷える。UP−Downを繰り返して岩茸石山着、三等三角点がある、景色は最高、暖かい南側の斜面で休憩、雲取と思われる山に雪がある。昨日スーパーで買ったメンチカツパンが美味しい。

西原さんが計画変更、楽すぎるので更に北にある黒山を廻って小沢峠に抜けると言う、2時間ぐらい増えるかも、、ドキ。1時間半くらいのUP-DownとUPを繰り返しす、途中厚い落ち葉でくるぶしも見えないところがしばらく続く、富士山が見える、でも霞んでいる。景色は良いがあまりパッとしない黒山に到着、一時間半もかかった。

ここで中休憩。あとは長く緩い尾根筋をひたすら小沢峠に向かう。皆さん元気なので思ったより早く到着。予約してあったバス停横のそば屋で大宴会。最初のビール一杯、マスの塩焼き、鰍(かじか)酒(これが珍味)、そして鹿汁が特に美味しかった物でした。のんびりしてバスに間に合わなかった為タクシー(1000円/人)を呼んで東青梅へ。

以上

トップに戻る 追加一覧に戻る 検索一覧に戻る