唐松岳(2696m)

2005年08年04日〜06日

8月05日(晴れ)コースタイム
中綱湖(久保田民宿)7:30〜8:30八方尾根黒菱駐車場〜(リフト)〜八方池山荘8:50〜9:20第二ケルン手前ベンチ9:30〜9:50八方池手前〜10:20第三ケルン〜10:55上ノ樺11:05〜11:40丸山ケルン12:30〜13:10唐松岳頂上小屋

8月06(晴れ)コースタイム
唐松岳頂上小屋4:30〜4:35(小屋上部よりご来光4:56)〜5:10小屋(朝食)6:00〜6:20唐松岳頂上6:30〜6:45小屋
唐松岳頂上小屋7:15〜8:00丸山ケルン8:10〜9:05八方池9:25〜10:15八方池山荘(リフト乗り場)10:30〜10:50黒菱駐車場

8月05日(晴れ)
前夜、中綱湖の民宿に泊まったので、身体的に楽である。民宿で朝食を食べ、八方尾根黒菱まで車で入る事にする。
八方尾根のゴンドラ駅を左に見ながら、別荘地の林道を進んで行く。八方尾根スキー場は、夏は牧場で、牛が放牧されている道を登っていく。

雪が多めの白馬三山を右手に見ながらぐんぐん、高度を稼いで行く。雲が湧いてきたが、まだシッカリと白馬の雪渓が見える。黒菱駐車場には、日帰り専用の駐車場があり、もう7割方埋まっていた。我々は、ここに駐車して、一泊二日の予定で、唐松岳往復してくる予定である。

ここよりリフトを2本乗り継いで八方池山荘終点まで乗り、そこより4時間程度で唐松岳頂上小屋に一泊する。楽チンコースである。八方池山荘は1850mあり、小屋まで800m弱の登りである。さすが、このコースは、人気があり、各旅行会社の団体客が大勢リフトの終点にいた。各ガイドのもと、八方池までの、雲上の散歩であろう。

団体客を横目で見ながら我々も出発する。岩がゴツゴツしているが、登山道には、立派な木道が敷設されてあるので、高山植物を踏んで痛める心配は無い。それぞれの高山植物の所には、名前の入った標識があり、高山植物のお勉強をしながら登れる。しかし、高山植物の名が、カタカナ表示なので、いまいち覚えづらく、中高年のグループには、覚えるのに大変である。


第二ケルン手前の水洗トイレ


第二ケルンの手前あたりから、雪渓が現れだし、稜線に出た少し広いところに、立派な水洗トイレがありビックリ。これだけ人気のある山なので、トイレは必要であるが、水洗トイレとは驚いた。続々と、八方池目指して登っていく。やはり中高年が殆どで、なかには、70才以上悠に過ぎた人もけっこういて驚く。

時々、雲の合間から、白馬の大雪渓を見ることが出来るが、なかなか、天気は、それなりに良いのであるが、完全には、見ることが出来ない。八方ケルンを過ぎ、第三ケルン(八方池)に着いた時に、白馬岳がチラット見えたが、雲の中に埋もれ出てこなかった。ここまで来る人が殆どで、これから先は、急に人がいなくなった。



八方池


ここから上は、唐松岳か、もしくは経由して、五竜ケ岳方面に行く人に限られているので、それなりの登山装備をしていなくてはいけない。今までの、木道の道はなくなり、岩だらけの尾根道を登っていく。雲が無ければ最高の展望が開ける道なのであるが、、、。標高は2100mを越え、ダケカンバの樹林帯へと進んでいく。

下の樺を過ぎ上の樺あたりから、谷沿いに雪渓が現れだし、暑さも最高になったので一本立てる。雪渓から吹き上がってくる風が気持ち良い。このすぐ上に扇雪渓があるのであるが、全体のペースを見て、ここで一本立たてる。しばらく進むと、扇を広げたような、以外と大きい雪渓が現れ、他の登山者もここで、大休憩をとっていた。我々は、下で一本とったので、写真だけ撮って、丸山ケルンまで行くことにする。


扇雪渓


丸山ケルンは、ダケカンバの樹林帯を抜けた上にあり、ここからはハイマツの世界で、唐松岳に続く岩稜地帯が一望に見え、本格的なアルプスの稜線歩きが始まる。雲は多目であるが稜線はハッキリ見える。雄大なアルプスの景観を見ながら、民宿で作ってもらった弁当を美味しく食べる。ここから、あと一時間強であり、あまり早く小屋に着いても仕方がないので、丸山ケルンで大休憩を取る。

ハイマツ地帯を抜け、岩が崩れそうな、斜面をトラバースして行くと、つい最近、デズニーシーでオープンした、レイジングスピリッツに出て来るような、岩場と木の橋が現れ、反対側は、何百メータも転げ落ちそうな場所に出る。そこを回り込み、岩稜の側面を行き、20分程度登って、廻り込むと急に唐松岳頂上小屋が現れる。




岩稜帯の木橋

小屋は、五竜岳から来る牛首の岩稜帯の底部と、唐松岳から下ってくる稜線の低部にへばりつくように建ててあった。小屋前は、吹き上がってくるガスで何も見えなく、時たまガスの切れ間より下部のテント場が見える。大分降りていく様子で大変みたいである。

我々は早速受付を済ませ、北館(新館)の5Cの場所を指示された。さすが新館だけあって、木の香りが漂ってくるみたいである。通路を挟んで二段式で、各部屋は、枕が8個置いてあるところを見ると定員は八人である。短めの畳四枚で一部屋で、通路側にカーテンがあるのみである。敷き布団は四枚しか無く、掛け布団は八枚ある。

我々のグループは5名なので、受付で、もしかしたら、あと二名入る可能性があると言われ、ヒヤヒヤしていたが、結局5Cの部屋は、我々5名で使うことになった、なんともラッキーである。他のツアー客は、定員の八名の部屋もあり、何とも窮屈そうであった。

各部屋の隅に100Vのコンセントがあり、室内灯もあり、荷物置場もシッカリしていてなかなか良いが、上り下りが急で難点である。最近は、中高年の高年者が山小屋利用が、多いのに、何とか工夫しないと、大事故の元になる。登山中でなく、山小屋で遭難とは、シャレにもならない。


唐松岳の夕日

夕食が終わり、外を見ると、今までガスっていた空が、見る見る晴れ渡り、五竜岳がハッキリと見え、強烈な入道雲が五竜岳の背後に立ちのぼり、今までにない素晴らしい入道雲であり、何か、大地震でも起きる可能性の雲のようで、異様でもあった。













不帰の稜線

この前、燧ヶ岳を登った帰り、御池ロッジのフロに入り、ロビーで休んでいると、土産物のワゴンが揺れ驚いた。テレビをつけると、東京の足立区で震度5弱(後で、震度5強の訂正)の地震が発生したこともあり、なんだか気になった。何にもなければ良いが、、、、、、。その内、叉ガスが発生して、何も見えなくなったので、みなそれぞれ、自分たちの部屋に戻り、就寝の支度をしていた。

19:00過ぎ、何気なく、窓の外を見ると、空が夕焼けで赤く染まっているので、早速、カメラを持って外に飛出した。他の人たちは、夕食後見た景色で満足したのか誰も出てきやしない。私は、小屋の裏山にサンダルで登り、唐松岳と不帰キレットの間に沈む夕焼けをデジカメに収める事が出来た。

8月6日(晴れ)

翌日、ツアーの連中は、早朝ヘッドランプを着けて、唐松岳からの日の出を見ようと、出かけて行ったが、何故か、唐松岳の頂上付近のみ、ガスがかかっていた。日の出の時間は小屋のアンチャンが4:50過ぎと言っていたので、ゆっくりと支度をして、小屋の裏山に行く。ここは、ガスもかかっていなく、バッチリと御来光を拝む事が出来た。しかし、多分、唐松岳に登ったツアーのお客は、御来光を見ることが出来なかった事だろう。



御来光


なかなか、日の出までの時間は、長く感じ、この数分の時間が、とても長く感じ、寒さも募り、苛つくが、みんな我慢の子で、ジッーと太陽の頭が顔を出すのを待っていた。何時見ても、日の出は神々しく、拝みたくなる気分であるが、夕日は、その様な気持ちにはならないのが不思議である。

今回、夕日と御来光の両方を見ることが出来、叉、満開の高山植物も観察し、名前もそれなりに、覚えることが出来、たまには、この様なのんびり登山も良い。帰りは、八方温泉は、混雑するので、高瀬渓谷の七倉ダムの手前にある、葛温泉(高瀬館、入浴料500円、露天風呂あり、湯は熱め90度、単純アルカリ泉)に寄り、山の汗を流し帰路に着いた。

トップに戻る 追加一覧に戻る 検索一覧に戻る