鬼石沢(丹沢、大滝沢本流)

2005年7月30日(土)雨のち曇り(雷雨)

大滝橋林道終点7:45〜8:10マスキ嵐沢〜8:50一軒避難小屋9:30〜11:20 F3上部(昼食)11:50〜

13:40登山道(畦ケ丸)13:50〜14:10大滝峠上14:25〜15:00一軒避難小屋15:30〜16:30大滝橋林道終点


早朝の横浜を出て、一路、丹沢の中川温泉の上流の大滝沢本流の鬼石沢を目指す。今回、一年ぶりに谷口君と同行する。大滝キャンプ場の入口より、左の林道を分け入り、ゲートを二カ所通り抜け、畦ケ丸登山口の林道の空地に駐車する。前回、畦ケ丸にハイキングに来たとき、千葉の市川山の会の連中が、ここに駐車して、沢登りに来た事を思いだした。普段は、大滝橋に駐車して、そこより、歩き出すのであるが、今回は約800m程度、距離を稼ぐことが出来た。

登山口は、杉林の陰気臭い道で、天気も良くないのでゆうつである。暗い道をしばらく進むと、沢沿いの道が始まり、沢の右側を沿って登っていく。しばらくすると、大滝沢のサボーダムの手前に15m程の立派な滝が現れた。以前来た時、大分草臥れていたが、今回は木の橋が、真新しくクサリも新調されていた。

マスキ嵐沢から別れて、尾根道に出るまで、風も無く、蒸し暑く、額から滝のような汗が吹き出てきたが、尾根道のベンチまで来ると、本沢から上がってくる風が気持ち良く、今までの蒸し暑さが吹き飛んでしまった。ここから叉、一軒避難小屋まで、尾根を巻いて、沢筋の道を登っていく。

一軒避難小屋の手前で、大滝沢本流に合流する。大滝沢の雨棚(F1.50m)は、この合流する手前なので、見ることが出来なく残念である。そうこうするうちに、一軒避難小屋に着き、ステタロウー沢と鬼石沢の水量を確認したが思ったほど多くはなく、心配なさそうである。

ここより、沢登りの完全装備して、鬼石沢に入っていく。谷口君が沢登りの準備している間に、鬼石沢の下調に行く。沢に下りる手前の道に、早速、ドクロを巻いた、多分マムシ君が出迎えてくれた。こう蒸し暑いとマムシ君も、登山道に出て来たくなる気持ちも分かる。





(F2 -10m)
避難小屋より、沢沿いの左道をしばらく行くと、第一堰堤が現れ、左より乗り越えれば、明るい河原に出る。15分程度で二股に合流して、左の本流を突き進んでいく。しばらくすると、F2(10m)が現れた。直登は、滝右と解説書に書いてあるので、登ってみる。今回、以外に思ったより水量が多く、雨具を着なければ寒く、心臓麻痺をおこしそうである。滝の中間部に、ハーケン一本を打ち、F2(10m)を乗り越した。





















(F3-20m)
乗り越したあと、ナメ滝が少しあり、その向こうに、今回のメンデッシュであるF3(20m)が現れた。扇を下に向けたように落下していると解説書に書いてあったが、いまいちピーンと来ない。叉、20mもあると思われない。早速、ザイルを出し、登り口まで、滝壺の淵を回り込み滝左より登る。

登り始めは、少し岩がぬるぬるしていて、登りづらいが、中間部まで来ると、そのぬるぬる感は消える。滝の中間部の水の流れの中に、古ぼけたハーケンが一本打ち付けてあった。そこに、カナビナを架け、滝を渡る気持ちはならない(水量が多く寒い)。新しく、ハーケンを打ち、左岸を直登する。確かに、滝を渡った方が、苔蒸してなく、スラブをフリクションで突破すれば、良いみたいであるが、私は、左岸を直登した。

落ち口の手前に、もう一本、ハーケンを打ち、トイ状の落口手前に出ることが出来た。落口の右壁沿いに登ると落口の上部に出ることが出来た。立派なアンカー用の木を見つけ、懸垂下降で、谷口君の待っている滝壺に降りていって、自分のザックを担いでくるために降りて行くが、ザイルが9mmと細く、水分を含み良く伸びるので、不安定である。

すぐ、一段目のトイ状の滝壺が現れ、足元も不安定なので、そのまま、ずるずると、足は滝壺の中に入っていった。これはヤバイと思ったが、そのまま入ってみる。ロープで繋がれているので、心配はないが、滝壺の深さが分からないので、若干不安であったが、入ってみると何のことはない、腰ぐらいの水位であった。

そこを越えると、本チャンのF3の滝くだりである。9mmのザイルが、水分を含んでいるので、ゴムの様に伸びる。雨具を着ているので、水しぶきを浴びても、それほど、寒さは感じず、気持ちよい下降ができた。今度は、ザックを背負って、エイト環を付け、それをたぐりながら、登っていった。ザイルの滑りが悪く、苦労するが、二回目なので、それほど不安がなく登ることが出来た。滝上部にて谷口君をビレーして登ってきて貰う。

丁度、我々が、F3を工作している途中、下から、年輩の沢屋が登ってきて、我々の登っている様の写真を撮って、右の小さな沢から巻いて枝沢をつめて大岩の裏を越えて巻いていった。我々が、F3上部に登った時、先ほどの中年、沢屋さんが、滝の先から懸垂下降で降りてきた。聞いて見ると、巻き道のルートを間違えたため、大分時間がかかったみたいである。ここにてお互い距離を置いて昼食にする。中年沢屋さんは、先を急いだ。我々も、昼食を済ませ沢屋さんの後を追いかける。

(F4−7m)

沢は90度曲がり、気持ちよいナメ滝が連続する沢を登っていく。この頃から、何やら空模様が怪しくなってきた。ゴロゴロと雷様が、唸り始めてきたが、まだ空は明るく雨が降る様子もないので上流を目指す。

石積の堰堤を越して行き、ゴーロ歩きの沢で、暗く陰気臭い沢を詰めていくと、F4(7m)が現れた。水量は、あまりないので、流れの中間部を登っていく。階段状の岩なので、思ったより登りやすくF4(7m)を難なく越す。
























チョックストン滝(F5−6m)

その後は、ナメの小滝が続き、大岩が3つ重なったチョックストン滝F5(6m)に出会う。
ルートは右の岩と岩の間であるが、もしくは、もっと右側を乗り越すが、私は、直登を試みる。左の大岩を背にして、チムニーを登る要領で乗り越すが、水しぶきが、顔に当たり、若干寒い思いをする。

その後は、それほど変化に富んだ沢でもない。雨が本格的に降ってきたので、先を急ぐ。最後の三俣の手前の8mのチョックストンに、即席のハシゴが作られていると、解説書に書いてあったが流れて無い。ただ流木が一本かけてあったので、それに足を掛け登るが、荷が重いと大変である。

三俣を過ぎると、水は殆どなくなり、涸れた沢を登っていき10mチョックストン滝の左側から巻き、沢沿いに登っていくとヤブコギ無しで畦が丸の登山道に出ることが出来た。雨は一段と激しくなったが、雷は収まったようで、トハン用具を収納して、一軒避難小屋へ戻った。

トップに戻る 追加一覧に戻る 検索一覧に戻る