日白山(にっぱくさん)川瀬記述

東谷山―日白山 山スキー

2005年4月16日夜〜17日(日)

メンバー:山崎邦子、平松淳二、川瀬和明:現地合流、愛川さん、大西さん

タイム:16日(土)三鷹台2130−田代かぐらスキー場P 24

    17日(日)田代かぐらスキー場P8時−二居スキー場P発8:45−東谷山12:05着、昼食、

12:35発−日白山13:25着、13:35発−ダウンヒル−
P着14:40、

15:20発−まんてんの湯−三鷹台22:00

平松さんが浦和からパジェロで三鷹台までPickUpに来てくれる。ありがたい。苗場を越して田代かぐらスキー場Pにつくと端のほうに小さなテントが暗闇の中に張ってある、愛川組だ、もう寝てそうなので少し離して車を止める。直ぐテントを張る。ワインを出して雑談。チーズも出てきた、自分は裂きイカを出したが誰も手をつけなかった、Generation Gapか。ホッカイロを胸にはって寝る。これは良く効いた。なかったらもっと寒かった。

朝、目がさめる。6時半。平松さんがお湯を沸かす。ココアを飲む。自分はコンビニ製オニギリで朝食、三人三様。テント撤収し既に閉鎖したニ居スキー場に移動、空家の前に車を止める。不要なものをおき、スキーにシールを張って出発。総員5名、皆手順がいい。

小さなスキー場よりシール歩行、他の4人にだんだん遅れる、スキー場の上部に上がると数メートルの急な土とブッシュの崖になる、当然雪はない。板を外して空身で上に上がり4人で板を手渡しで崖の上に運ぶ。出足からオヨヨである。少しシールで上がれたが直ぐに雪の少ない雑木の急斜面となりまたスキーを担ぐ、結構板が枝に引っかかり歩きにくい。まさに藪漕ぎ、下りは本当に滑れるのだろうか。しばらく後、やっとまともな雪面になりシール登行がはかどる、高圧線の鉄塔の下で中休憩。真っ白な景色が開ける。美しい。

東谷山への中くらいまできたら傾斜が急な痩せ尾根となりシール登行は厳しそうなので再度板を担ぐ、スピ−ドが遅いのでTopで先に行く。ひたすらつぼ足で登る。かなり登って傾斜が緩くなってきた頃山崎さんが「スキーをはかない?」と言ったとこで全員また板をつける。そこからはひたすら雪の斜面を頂上までシール登行。周りの景色は素晴らしい、真っ白な雪稜を登りながら、平標山が見え気持ちいい。東谷山に着いて谷川岳、巻機山方面が白いパノラマとなって広がる。苗場山、神楽峰も良く見える。サー昼食だ。どら焼きと菓子パンが上手い。風が急に寒くなってきた。オーバーズボンを着る。右向こうに日白山が見える、あそこが最終目標だ。愛川さんが昨日滑ってきたという蓬峠から降りている白い谷を教えてくれた、凄いタフさ。

ここから少し下るがシールをつけたまま滑り降りる。メチャ滑らない、シリセードより滑らない。でも頑張って鞍部まで降りる。気持ちのよい登りがまた続く。他の4名は早い、自分だけ遅れる、でもバテルとまずいのでマイペースで登りつづける。途中つぼ足3人パーティーとすれ違う。

とうとう日白山に到着。360度のパノラマ、記念写真をとる。ここでシールを外す。右下の沢スジをのぞく。平標山との鞍部まで降りてから沢筋に滑り込むそうだ。

いよいよ滑降。最初は緩い尾根筋を気持ちよく滑る、すぐ右の斜面に滑り込む、途中開けた絶好の斜面がある、急だが気持ちよくターンしながら一気に降りる。皆の綺麗なシュプールが残った。スキーの腕は皆そろっている。それからは緩い斜面を林間滑降、だんだん杉の春落ち葉が多くなってくるが無視して滑る。沢に下りて、反対側の林道に上がる、もちろん雪はバッチリ。林道の雪が無くなったとこで休憩とビール。そこから右の斜面をトラバースしながら滑り降りていくとじきに出発点のスキー場に出た。アット言う間の下りであった。

変化に富んだ楽しい山スキーであった。

帰りに寄った「まんてんの湯」は出来たばっかで綺麗でお勧めの温泉でした。

トップに戻る 追加一覧に戻る 検索一覧に戻る