城山(760m)、高尾山(599m)


2005年01月05日(水)晴

お寺の駐車場9:00〜10:05城山10:40〜11:30高尾山12:25〜13:15城山13:25〜14:10お寺の駐車場


天気が良いので、初登山に、相模湖の城山と高尾山に行くことにする。12/31の雪のためか、道路脇には、まだ残雪が多く残っていた。相模湖ダムの駐車場に車を置いて、登ろうとしたが、城山の登山口のお寺の駐車場に車を置きいざ出発する。

歩き初めて、すぐ雰囲気の有る茶店があり、そこから、山越に白い富士山の頭が見える。竹藪の脇の登山道を20分ばかり登って行くと閉店した茶店があり、ここから本格的な登りとなる。高度を上げて行くと、木々の切れ間から、相模湖の全容が眼下に見え、丹沢の大室山越しに、富士山が見える。

城山近くの日陰には、まだ相当の雪があり、氷り着いていた。頂上からは、相模湖、南アルプス、富士山、新宿の高層ビルが見ることが出来た。まだ、時間が早いためか、登山客は数人しかおらず、雲一つ無く、無風快晴で、のんびりと景色を堪能する事が出来た。ここから、高尾山まで尾根道で、基本的に下り坂で凍り付いているので、城山からアイゼンを装着していく。

高尾山からの登山者は、アイゼンが無いので、高尾山へ引き返そうと思ったが、このまま、相模湖に降りるとのことであった。我々は、アイゼンを装着しているので、安心して高尾山へ行ける。登山道は相変わらず、日陰は凍結していて、下り道は気をつけなければならない。

高尾山に着くと、急に人数が多くなり、老若男女が、それぞれの場所で、日溜まりで昼食を採っていた。ここからの展望台よりの富士山も、雲一つ無く、雄大な富士を拝む事が出来た。幸先良い登山で、来た道を帰り、相模湖近くの弁天温泉の天下茶屋(1000円)の風呂に浸かり帰路に着く。
トップに戻る 追加一覧に戻る ハイキング部会に戻る   検索一覧