アルファ矯正歯科クリニッ昭島市 院長室
(歯科)
院長室
(その他)
クリニックご案内
ドクタープロフィール
治療の流れ
各種装置
診療内容の
ご案内 症例1
 症例2 クリニック
設備
なぜ早い? お知らせNEWS


( 矯正専門ではない 歯医者さんで 月1〜2回 専門の先生が来る所も多くありますが、何か不具合が生じた場合、矯正専門歯科ではすぐ対応でき、患者さんの負担を最小限にとどめ、早く終わる事ができます。 また、バイトにくるDr.は修行中の人が多いのです。 これはあたり前の話なので、今回の話題とは別とします。 )

「なんで他の矯正歯科より早く終わるのですか?」 という質問を受けます。

  なんで?と聞かれると、こちらも困ってしまいます。

 「さぁ、どうしてでしょう?」  などと答えると、怪しい歯医者に見られてしまいます。
 「子供の頃から、手先が器用でした。」  頭悪そうです。


 当院では治療が終わった患者さんには、全員に治療期間も表示された術前術後写真をお渡しております。
もし違う期間が書いてあったら、「間違えです。ここに治療期間●ヶ月と書いてありますが、もっと装置をつけてました。」といわれるはずです。

 今までの治療経過を写真で説明し、術前模型、術前術後写真をお渡しするとき、患者さんも同行の方(多くは保護者)も皆笑顔でお礼を言われます。
 それが私の”生きがい”であります。

 では、なぜでしょう?
 たしかに歯科学生時代、実習ではどんな科目でも、つめたり、クラウンや入れ歯をつくったり、ワイヤーまげたりなど、大体一番で終わりました。

 空手部で体がでかいわりに、細かい事が好きなようで、近くに座っていた点取り虫ガリ勉タイプの女性に、
 「木内君って、イメージと違ってちまちましたことが好きなのね。もっと男らしい人かと思った。」と言われました。
 最初何言っているのかわかりませんでしが、実習で私に負けて悔しかったようです。 ( 本当に男らしくないのかも。。 )

 歯科医になってから母校でもある、日本で初めて近代的な矯正治療法を取り入れた実績のある、日本大学歯学部矯正科に残るわけですが、
 
 当時矯正科では朝から晩まで矯正に関して種々講習や実習、技工物製作のプログラムがありました。

 朝6時に矯正学の講習を受け、午前中に技工物の講習も受け製作し、臨床見学し、色々調べ、まとめ、その後終電まで、さらに技工など課題をこなしていく。というものでした。
 これを毎日1年ほどやり、やっと患者さんを上のDr.と診させていただき、その後3年間勤務し、やっと一人前の前まできます。
 
 当時は矯正歯科医院も少なかったので、大学矯正科には今と違い、ものすごい数の患者さんがいらっしゃいました。
 よって、かけがえのない経験となりました。

 矯正科の最初の実習の中で、
 径2mmの円柱ワイヤーを2cm間隔で分断し、4本つなぎ合わせ、各々回転させてもつなぎ目に隙間が見えないように加工しろ。
 というものがありました。

 インストラクターDr.は、1つ1つ高倍率ルーペででワイヤ-の継ぎ目を拡大しながら、回転させてチェックするのです。
 面が荒かったり、傾斜や傷がついていたり、少しでも短かったら、即アウトです。
 とても歯医者の実習とは思えませんでしたが、多くのものを得ることができました。

 きびしくて去っていった人も少なくありませんでした。
 そういう人は、できなくてやめていった人が多いのですが、
「理論的ではない。学術的ではない。」などと、言いながらやめていきました。
 ( こっちの感覚としては、できないよりできたほうがよい。くらいの考えでした。 )

 歯科医として変わった体験だったので、多く書いてしまいましたが、上記のように技工ばかりしていたわけではありません。

 いかにして、患者さんの為に早く、良く、終わるか を追求していました。 (今も。) 

 その後、多くの時間、場所で研鑽を重ね 今にいたっております。

 
   

 当時 プログラム 2年ほどで、症例完成(引継入れず、写真以外も有り。)提出。
 タフツ大歯学部矯正科臨床教授 Dr. Y・H・Kim  クリニックにて (1年以上お世話になりました。)
 学会発表(シカゴ)
 ハーバード大歯学部矯正科教授 Prof. Davidovitch
 ハーバード大歯学部former dean,  Dr. Paul Goldhaber (ホールに肖像画が。。)
 ハーバード大歯学部 メディカルエリア
 
 もう15年近く前になってしまいました。。。(若い。。)
 施設は今、もっと良くなっているそうです。
 

     copyright(c) 2004 alpha orthodontic clinic all rights reserved.