まじょ先生のまほう科クリニック


いらっしゃい、まじょ先生(せんせい)まほう()クリニックにようこそ。

先生の名前(なまえ)は、Abukudara Iusam Witchといいます。

え、そんな名前、おぼえられないって?じゃあ、先生のあだなをおしえてあげよう。


まじょ先生」っていうのが、先生のニックネームです。

 
先生、先生って、なんの先生なのかって?

 先生はね、痛み(いたみ)をとって、(ねむ)れて、その間に体の(わる)いところをなおせるようにする、「ますい」という魔法()専門(せんもん)なんです。



そう、そんな魔法(まほう)は、ふつうは必要ないよね。

でもね、世の中にはいろんなことがあるんだよね。

 病気(びょうき)やけが。

(くすり)を飲んだり、じっとねているだけでなおる病気やけがもあるけれど、どうしても、手術(しゅじゅつ)をしてなおさなければならない病気やけがもある。

そういう病気やけがの治療(ちりょう)(手術)が、ぐっすり(ねむ)っている間にすむようにすること、それが先生の仕事です。

どう?すてきな魔法でしょ?
 
そんな魔法を受けることは一生ない人もたくさんいるんだけど、

病気やけがをして、魔法を受けなければならなくなった子供たちのために、

どんなふうに魔法がかかるのかを説明しようね。

(きみの友達でもしそうゆうひとがいたら、このホームページのことを教えてあげてね。)

手術を受けることになった

ねえ、君たちの人形が壊れたら、いつもどうしている?
  ボンドとセロテープで自分で直そう、自分でうまくいかなかったら、お母さんに裁縫箱(さいほうばこ)から糸と(はり)を出してきて、直してくもらおう。



 
でも、君たちの体は、ボンドやお母さんの糸と針では治せない。

だって、 大事(だいじ)なだいじな体なんだから、病院に行って、専門家(せんもんか)に直してもらわなくっちゃ。

それに、家でハサミで切ったり、糸と針でぬったりしたら、ばい(きん)がはいって病気になってしまうから。
 


それからもうひとつ、大事なことがある。

魔法や麻酔(ますい)を使わずにからだをぬったりしたら、痛い(いたい)よね。

だから、絶対に痛くない全身魔法(「全身麻酔」とも言うよ)をしてもらってから、悪いところを切って直してもらわなくっちゃ。

そう、全身魔法(全身麻酔)という魔法の専門家が、私たち「麻酔の先生」なんだ。

どうやって全身魔法をかけるのかって?

ふつうのかぜをひいたときに飲むくすりは、小さいドロップのような錠剤(じょうざい)か、小さいビンにはいった水ぐすりか、ふくろにはいったこなぐすりだよね。

でも全身麻酔では錠剤は使わない。魔法のテープと、魔法のガスと、魔法の水を使うんだよ。

 最初に使うのは、魔法のテープ。「ペンレス」っていう名前の、「局所麻酔薬」という特別な魔法の薬がついたテープなんだ。このテープを()ると、貼ったところは注射(ちゅうしゃ)をしても、ちっとも痛くなくなるんだよ。

 君が強い子なら、魔法のテープのところから、細い魔法の針を入れてもらおう。

 赤い自動車(じどうしゃ)赤血球(せっけっきゅう))と黄色いトラック(血漿)が走っている体の道路(どうろ)血管(けっかん))に、魔法の針からポッタン、ポッタンって、砂糖(さとう)水と(しお)水を入れる。(このポッタン、ポッタンのことを、点滴(てんてき)とも言うんだよ。)





 さあ、手術室に行こう。

痛くないように魔法をかけてから、病気やけがを直してもらいに行こう。 




さて、手術室はどんな部屋なのかな?どんなふうに魔法がかかるのかな。


手術室では、担当の看護師(かんごし)さん麻酔科の先生が待っているよ。


 部屋の中に入ったら、からだにペッタン、ペッタンをはったり、血圧計(けつあつけい)をまいたり。

看護師さんも麻酔科の先生もいそがしいんだよ。 
 

 魔法の針は、もうはいっているかな。まだはいっていなかったら、麻酔科の先生が入れるからね。

魔法のテープが貼ってあったから、痛くないよ。

ポッタン、ポッタン
。はい、だいじょうぶ。 

痛くなかったよね。


  その次は、魔法水ぐすりの番だよ。魔法の水ぐすりは、針のついていない魔法の注射器で入れようね。

 ポッタン、ポッタン
おちている点滴の中に魔法水ぐすりを入れたら、ほうら、

だんだん、だんだん、だんだん、だんだん、

 ・・・・・・・ ねむうく、ねむうく、ねむうくなって。

すぐねてもいいけど、もう少し、目をあけてしっかり見ていてもいいよ。

 

麻酔器があったかな。

モニターは、あったかな?
 

 
 

 。




でも、小さい子のときは、魔法のテープ、魔法の針、魔法の水をあとにして、魔法のガスから始める時もある。

君の病院の先生に、ぼくは(わたしは)どっちですかって、聞いてみようね



  さあ、ガスのくすりの番だよ。 かっこいいマスクが用意してあるから、鼻と口にあてようね。

においがしてきたかな。どんなにおいかな。

どっちにしても、そろそろ、眠くて眠くて、おきていられなくなったね。

  では、おやすみなさい。     

それからどうなるかは、ヒ・ミ・ツ

でも、だいじょうぶ。

 手術は寝ている間にすませておいてもらおうね。

 手術がすんだら、魔法(じゃなくて麻酔)をといてあげよう。

 目が覚めても、どこにいるのか忘れて寝ぼけないでね。

 目が覚めたら、(だれ)が来てくれるかな。

 おかあさんかな、おとうさんかな、それともおばあちゃんかな。

 手術室の中であったことを、ちゃんと話してあげてね。

 じゃあ、がんばってね。ばいばーい。        まじょ先生より。


注意

 が から通勤(つうきん)しているまほう科クリニックは、君たちの手術を受ける病院とは違います。

 だから、君の病院では、上に書いてあることと違うことがいろいろあるかも知れません。

わからないことは、君が手術を受ける病院の先生や看護師さんにきいてね。