信州アサギマダラ研

信州アサギマダラ研究会

信州のアサギマダラ2003


このページはアサギネット に参加しています。

おねがい

マーキング調査はマーキング方法に沿ってやっていただければ誰でもできる作業です。しかし、「このマークは誰がどこで書いたものなの?」ということが分からないと役に立ちません。そこで、マーキング調査をされた方は必ず報告をお願いします。全国いくつかのアサギマダラマーキング関連の団体に報告すれば全体に流されるようになっています。 今ここを読んでいる方はこちらからメールでどうぞ

こんなマークはここ! ・  2003年の再捕獲したけれど詳細不明記録 ・  2003年の再捕獲記録

 ひとつの回答例

 こんな質問メールがありました。
答えが分かっていることはホームページに書いたりもしますが、そう分かって いると言い切って良いことばかりではないのです。分からないからやる気が出る のです。これから分かるであろうことを自分で見つけるという楽しさがアサギマ ダラにはあるのです。ヒントならお話しできます。ぜひ、一緒に調べて解明していきましょう。

1.なぜ遠くまで移動するのですか。

 信州のアサギマダラは、移動しなければ冬になって花もなくなり蜜も吸えず、 卵を産んでも幼虫が食べる物が無く全て死んでしまっておしまいです。だから移 動する必要があるとは言えませんが(移動してきてそこで死んでしまうだけの生 き方をする移動性生物もあります)、本能的な行動の理由の何故なのか?はおそらく最 も難しいテーマの一つでしょう。

2.全てのアサギマダラが移動するのですか。
  移動するものの生存率は? 寿命は何年ですか。

 移動しないでいるものもありました。これはマーキングによって幾つかの個体 で何日間も追跡したことがあります。多くの個体数を観察していると、飛翔能力 が劣るのが明確なほど極端に羽に異常が見られるものがあり、そういった個体は あまり移動しない内に寿命となるでしょう。

 生存率は、そもそも個体数の分母を求めるのが難しいので出すのは無理だと思 います。移動したが再捕されなかった個体、特に調査が盛んでない方向への移動の場合は全く追跡不可能でもあります。
 再捕獲個体数÷マーキング個体数ならば調査地毎に出すことは 可能だと思いますが、考察するに有効な放蝶数がある調査地で0.ヒトケタ〜1桁 %といったところではないかという印象です。調査員密度によって短距離移動後の再捕率が 高まりますし、考慮せねばならない補正要因がいくつか考えられます。
 寿命も野生生物の必然として、特に昆虫では多く産み多く死ぬので平均を出せ ば羽化する前の数日間という日数になるのではないかと思います。羽化後は飛ん でいってしまうので、自然状態でこれを求めることは困難だと思います。そこ で、これまたマーキング個体に限った追跡ならば少ないながらも得られる情報が あります。これは再捕獲された個体の生存日数です。多くの再捕獲結果が羽化後 最初に捕獲されてから移動後までの生存日数を示します。ここからは調査期間の 都合に影響されていますが2〜3ヶ月が多いようです。羽化直後からの日数を正 確に求めるには飼育で羽化させてすぐにマークして放す必要があるでしょう。再 捕獲後にどれだけ生存したはずかを求めることは更に困難です。再捕獲後(長距 離移動後)に飼育で死亡するまでの日数が求められたことがあります。それは98 年の国内最長距離移動であった福井県→奄美大島のP-21という個体です。これは 再捕獲後に人為的に餌を与えられ、最初に捕獲してからおよそ半年後まで生き延 びました。天候の影響、天敵による捕殺などがなければ、海を渡る長距離移動を おこなっても半年くらい生きるということは言えそうです。


2003年のこんなマークならここ!



2003年の再捕獲したけれど詳細不明記録

 以下は、長野県出発と思われるものの放蝶記録が見あたらないものです。お心当たりのある方はぜひともご連絡下さい。せっかく出た記録です。不明なままでは本当にもったいないことです!
 データが埋まり次第、下の確定記録のコーナーに移動します。

NYUKASA 023


2003年の再捕獲記録

やった!再捕獲だ!
 そんな結果が出ましたら、ぜひご連絡ください。長野県発着の今年の成果をここに記して残しておきます。またいつか、信州のアサギマダラ記録集を出すときには、これを元に2003年のページを作ろうと思っています。古い記録を掘り出すのはたいへんなので、情報が新鮮な内にまとめて行きましょう。
(最初の放蝶日順にしてあります)




TOR41 サクラ

Shirakaba 008

UTU A1139

UTU A1149

UTU A1180

には48・ソノハラ

ヘブンス132・サクラ

オオシロ39

UTU 82038

UTU 8207?

オオシロ13 ひじり

ゴリュウ NTT サトシ 1

BR 273 ソノハラ 8.24

UTU ミヤノ9

UTU ミヤノ12

オオシロ48 ハクバ五

オオシロ199 ハクバ五

オオシロ113 ハクバ五

オオシロ139 ハクバ五

オオシロ205 ハクバ五

オオシロ230 ハクバ五

オオシロ234 ハクバ五

オオシロ253 ハクバ五

P1008 八ホ

KTしらびそ9.14、HYA−36イチエ

オオシロ61 のっぺ

オオ代62 のっぺ

オオシロ111 のっぺ

TOR258・サクラ

TOR269・サクラ

TOR325・サクラ

キソミキオ 9/28 ナガノ ヤナバ ハクバ中


質問や観察報告はこちらのメールアドレスへどうぞ

急ぎの連絡は事務局(090−3440−3108)へ。

Parantica sita

信州アサギマダラ研トップページへ戻る