信州アサギマダラ研
ごあんない

 現在、このページは旧ページから移行作業中です。画像が抜けているところがあったりリンク切れになっているところがあります。順次作業を進めていきますが、見つけていただけますと優先して修復できますのでご協力下さい。また、画像は必ずしもこちらに移行しないかもしれません。

信州アサギマダラ研究会

信州のアサギマダラ2002


このページはアサギネット に参加しています。

イベントマーキング記録再捕獲記録今シーズンの記号一覧繁殖調査

おねがい

マーキング調査はマーキング方法に沿ってやっていただければ誰でもできる作業です。しかし、「このマークは誰がどこで書いたものなの?」ということが分からないと役に立ちません。そこで、マーキング調査をされた方は必ず報告をお願いします。全国いくつかのアサギマダラマーキング関連の団体に報告すれば全体に流されるようになっています。 今ここを読んでいる方はこちらからメールでどうぞ

マーキング記録

6/3桜井さん−−−−−−−−−−−
昨日は良い天気でマーキング日和と、白馬北小学校の大代先生と鳥倉林道に出か けました。まだまだ少なくマークは3頭でした。1300m付近は♀が産卵の為 かうろうろしており、標高の高いところは全て、♂でした。
(飯田市 桜井正人)


2002年に使用された場所記号


 上記の調査地記号の他に、長野県内でのマーキング調査にはナガノ、ながのなど県名を示すマークを書き加えるよう呼びかけています。

2002年に使用された調査者記号


 これら既に使われているものを参考にして場所記号、調査者記号を考えて下さい。場所記号は同じ場所は同じにした方が良いでしょうし、人の記号は重ならない方が良いでしょう。

 調査や報告を簡単にするために、記録用紙のダウンロードができるようページを用意しました。美ヶ原自然史研究会のアサギマダラ調査ページにありますのでお使い下さい。
 美ヶ原のアサギ調査2000年度

再捕獲記録
滞在記録


移動記録

1.UTU シミズシ・ハナサンポ


2.UTU ゆうか1


3.HASE Fumi


4.UTU ムカワ39


5.ハクバキタ 鈴木


6.ハクバ北 キソ



 それぞれ詳細なデータはアサギネットのデータベースに入っているものも多いので、そちらも参照して下さい。

イベント

豊橋市自然史博物館講座
「ミズヒマワリをめぐるチョウとヒト」


アサギマダラマーキング公開調査会



目撃記録
 今年も長野県内でアサギマダラが見られたらご報告ください。やはり5月になると現れましたね。


繁殖調査

 6〜7月は繁殖状況の調査に力を入れましょう。情報があればお寄せ下さい。
生育状況

 各繁殖調査地域で採集されたものを飼育することで、成虫発生時期の対照実験をおこなうことが、今年の季節を知ることにつながります。

SAN 信州アサギマダラ研ニュース

 信州アサギマダラ研のニュースレターを不定期に発行しています。最近の状況、調査報告、伝えたいこと、訊ねてみたいことなどのお便りをお寄せ下さい。

質問や観察報告はこちらのメールアドレスへどうぞ

Parantica sita

信州アサギマダラ研トップページへ戻る