信州アサギマダラ研

信州アサギマダラ研究会

アサギマダラの一般生態


アサギマダラについて

 アサギマダラはマダラチョウ科に属する南方系の蝶で、羽を広げると10cm以上になる大型の蝶です。前翅は黒、後翅は茶色の地色ですが翅の中央部から基部にかけて白い透き通るような部分があり、夏から秋の高原を舞う姿は優雅です。この白い部分が新鮮な個体では青みがかっているため、中国名を青斑蝶と言います。北海道では稀ですが、夏季は日本中で見られ、ヒヨドリバナなどに集まって吸蜜します。休眠越冬態をとらないので、冬でも落葉しないキジョランなどの幼虫の食草がある関東以南の温暖な地方では越冬できます。


アサギマダラのたまご




幼虫が蝶になるまで

 信州美ヶ原で得られた幼虫が羽化するまでの連続観察の記録を下記Webでご覧下さい。長野県美ヶ原自然保護センターの特別展ページの一部です。




Parantica sita

信州アサギマダラ研トップページへ戻る



このページはアサギネット に参加しています。
 ・  信州の自然・環境リンク集