MG機武帝曹操ガンダム


第1回モデラーズサミット用に制作した作品です。
MGインフィニットジャスティスをベースとして、ジャンク・プラ板・パテ等で製作しました。

所属サークル、G-strikerの目標として、“インパクトある作品を!”ということで
何を作るか迷ったのですが、以前に制作したBB曹操やリアル体型武者から、
MGサイズで曹操ガンダムを作ったら面白そうだ^^と思い立ち、制作を決定しました。
なんとかイベントまでに完成させることが出来て良かったです。

MGサイズでの大剣、マントはその“インパクト!”の一番の見せ場な訳ですが、
やはり結構手間がかかりましたし、
もとのBB戦士はありますが、もとがSDな分の足とかのデザインを新たにまとめたり、
リアル化という全体のアレンジをするのは骨の折れる作業でした。
ですが、自分なりのガンダムが完成していくのは楽しくもありましたね。

会場でも、三国伝をご存知の方には特に受けていたようですし、
知らない方でも、迫力ある作品だと言って頂けたので、とても嬉しかったです^^




フェイスはMGウイングを使用、
ジャスティス頭部を
兜のように仕上げました。

兜飾り中央の鳳凰?は
エポパテ削り出しです。
なかなか精悍に彫り込めたと思うので
気に入っています^^



胴体

プラ板とパテで胸当てや
飾りを作り、鎧風に。
ジャスティスのグリーンのラインを
利用して金の装飾を付けました。
襟はBBパーツをそのまま
使用しています。





肩はジャスティスをベースに
BBパーツ・ジャンク等で曹操の鎧らしく。
前面の装飾は宝玉風でなく、
鳳凰のツメをイメージして制作しました。

肩サイドアーマーは
リアル武者ということで、
MG真武者を参考に
 スラスターが仕込まれた鎧風としました。

小手は演者であるDXのパーツを
ジャスティスの腕に合わせ幅増し、
 曹操の小手のデザインを付加しました。





フロントはジャスティスベースに
ジャンク・プラ板・パテで
曹操の鎧の前垂れ風に。

サイドは接続部のみジャスティス、
再びMGウイングのシールドを
整形しています。

リアはジャスティスを
そのまま使用しています。





ベースとなるデザインが
無い箇所のため、
DXのパーツ・ジャンクを
MG真武者などを参考に、
また、上半身にボリュームがあるため、
少々大きめ&派手になるよう
パーツをチョイスしました。

 

 

 


マント

エポパテ製です。会場でもよく制作方法を聞かれましたので、さらに詳しく。
まず、マント型に平たい板を(少し厚めに)作り、ちょっと時間を置いてある程度固まってきたところで、
本体に押し当て接続部を作る、と共に全体を曲げて作りたい形にします。
そのまま出来るだけ形が崩れないよう固定して、完全に硬化させます。
その後、盛り削りで調整して、脆くならない程度にフチを薄く仕上げています。

 

 頭部UP。

 


炎骨刃

BB戦士の2倍のサイズで
スクラッチしました。

刃の部分はプラ板の積層で、
柄はBBのパーツを切り貼りにて
大型化して制作しました。

宝玉は100均の
ジュエルシールを使用しています。

 


玉璽

 呂布付属のキット各部をシャープにしたり、
細部を彫りこんでディテUPしています。

 


メモリアルパーツ

制作を決定した時点から
「大剣を振り上げ、マントをはためかせる」
という完成イメージを持って制作していたので、
そのための組替え用パーツとして、
肩サイドアーマーの角度はそのまま手を振り上げられるように
肩前面をカットしたものと、
二の腕の間にもう1つパーツを用意しました。

で、このパーツを変更すると、モデサミ会場での姿となります。